海外でも利用可能なクレジットカードの選び方

国内で発行されるカードは基本的に海外でも利用できる

海外旅行へ行くにあたって、クレジットカードを作るように勧められた人は珍しくないでしょう。もともと、外国では現金をほとんど使わず、クレジットカードで買い物をする国が少なくなく、近年は決済手段のIT化によってキャッシュレスの流れがますます加速しているからです。
では、海外で利用できるクレジットカードはどのようにして選べばいいのでしょうか。実は、国内で作れるクレジットカードの多くは海外での利用に対応しています。というのは、国際ブランドがほとんどだからです。国際ブランドとは、外国でも利用できるクレジットカードの総称で、あまり意識しなくてもクレジットカードの発行を申し込めば国際ブランドのカードが送られてきます。

国によって加盟店の数に違いがある

ただ、国際ブランドのクレジットカードといっても、ブランドによって、加盟店の数が違います。そのため、あるブランドのカードは旅行先の多くの店で利用できたのに、別のブランドのカードは「これは使えない」といってほとんどの店で断られてしまったということも十分あり得るのです。その点を考慮して、自分が行く国でよく用いられているブランドはどれなのかを調べて、そのブランドのカードを作るようにすると旅行先で困ることは少ないでしょう。
ちなみに、デビットカードやプリペイドカードにもクレジットの国際ブランドが付属しているものがあり、そういったカードであれば海外で支払いに利用できる可能性が高いです。こうしたカードは旅先で盗まれても、チャージ額を抑えておくことで被害額を少なくできるので便利です。

通信販売で自分の欲しい物を買ってその代金はコンビニの決済代行で済ませます。どこのコンビニなら良いかはきちんと書いていますのでよく見て下さい。